STORY OF TABLE WARE | TARO KAMITANI Online Shop

2021/05/25 16:05



TARO KAMITANI×NARUMI

TARO KAMITANI ティアラ・ジュエリーのクラフトマンシップとNARUMIの陶器・硝子のクラフトマンシップの奇跡のコラボ作品です。




"いいもの いつも いつまでも"NARUMI

1946年創業の日本を代表するテーブルウェアブランド。

最高級磁器と言われる、ボーンチャイナの量産化に日本で初めて成功したボーンチャイナのリーディングカンパニーでもあります。

生活に溶け込む”いいもの”と”品質”にこだわり作られた器の数々は、一般のご家庭だけでなく、業務用トップブランドとして、世界のホテルやレストランでも使用されています。

 

"いいもの"を手にするということは、豊かさを感じるひとときです。

使うたびに豊かさを感じる『いい器』をお届けしたい。

ひとつひとつの『器』にそうした想いをこめてNARUMIは大切なものづくりを続けてきました。

『ものを贈る』とは、相手を想う『心を贈る』ということ。

作り手の心と贈り手の心が、ひとつになって持つ人の手の中でやさしく溶けていく。

NARUMIの考える『心のこもった贈り物』です。




そんなNARUMIの強い想いと、クラフトマンシップに、ティアラティアラデザイナー紙谷太朗は、強く共鳴し、実現しました。

コロナ禍で、はじまった、このコラボは、「美の持つパワーで、日本中の食卓に、希望を」を志に、クリエイションが行われました。




第一弾は、イニシャル・マグ・シリーズ。

この作品は、TARO KAMITANIのヘッドジュエリーコレクションの『INIT』が基に。

マグカップに、『INIT』の人気のイニシャル達が、豊かにお洒落に、描かれています。

月桂樹と英文字が一体となった有機的なフォルムが、美しい。

月桂樹の枝に、花に、文字に、ダイヤモンドが贅沢に散りばめられています。



ティアラデザイナー紙谷太朗は、語ります。

「世界中の、人間の〈名〉に刻まれた、両親からの願いや祈り、愛。

愛するパートナーの、大切な〈名〉に宿る、パワー。

人の〈名〉には、様々な人の、そして自身への深い愛情やDNA、自信の源が、刻み込まれています。

それらの、パワーを開放するようなデザインを意識しました。

月桂樹の「樹」そして「ダイヤ」と一体化させ、「人が成長してゆく、変化していく輝き」を表現しました。

「人も自然の一部である」というメッセージも込めています。

月桂樹には、「勝利」「繁栄」「平和」の意味があります。



INITのテーマは『ふたりで、ひとつ』。

大事な人との絆を感じる時、人生は美しく輝きます。

ふたつのイニシャルは、ひとつの『家族』という大きな樹に。

ふたつが寄り添い、合わせることによって、より美しさ発揮する、デザイン設計を行っています。

ふたりのイニシャルを逢わせて着けることで、この作品の表現は完成します。

ぜひ、大切な人と、大切な絆のしるしを、食卓でお楽しみください。


■〈INIT MAGCUP〉はコチラ

https://store.tarokamitani.com/items/35462545